2008年12月23日

地球型ゴミ処理ロボット「WALL・E(ウォーリー)」

カチンコ
西暦2700年の地球。
宇宙に逃れた人間が残したゴミを700年もの間片付け続ける
“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。
ある日、地球にイヴという名のピカピカのロボットが現れた。
ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、
イヴが宇宙船にさらわれてしまい……。
(シネマトゥデイより拝借) バッド(下向き矢印)

今月5日に公開された映画です。
まだ、見てませんが、きっとDVD購入して、
家でのんびり観ることと思います。

初めてCMを見たとき、
ショート・サーキットの
感情を持ったロボット「ナンバー・ファイブ」の
続編か何かexclamation&question
と思っちゃいましたが、ゼンゼン違ってましたゎあせあせ(飛び散る汗)

見所?は、
宇宙で生き延びていた人類の姿と虚無的な暮らしぶりたらーっ(汗)
だそうです。
なんでもメタボで怠惰な現代人の末裔そのものだとか。
そんな人類が廃墟の中に捨て去っていた人間性を、
ウォーリーの愛と情熱が覚醒させていく展開が手(チョキ)
だそうです。

地球環境が危ぶまれている今、
考えさせられる映画ではないかと思います。

★DVDでるまで、これで我慢しようっと!★


posted by ぺんぎん at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。